バスパーは通販を利用すれば通販で簡単に購入できます。不眠症、不安障害、うつ病に効果があり、不安を解消してくれます。

TOP
  1. おすすめ睡眠薬(睡眠導入剤) TOP
  2. 抗不安薬一覧
  3. バスパーのジェネリックの通販

更新日 2019-11-08

通販で購入できるバスパージェネリック

バスパーとは

睡眠薬・抗不安薬として人気な「バスパー」のジェネリックを紹介!

バスパージェネリックはバスパーと同等の効果を持ち、抗不安薬・睡眠薬としての服用ができます。

このページでは通販で購入できるバスパージェネリックを紹介しています。

バスパーの通販はこちら

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパージェネリック

バスパージェネリックは、バスパーと同じ効果・効能でありながら、コストを大幅に抑えることができます。有効成分が同じなため、効果・効能は同じです。

バスピン(Buspin)

バスピン(Buspin)

バスピンはバスパージェネリックの中でも世界的に人気の高い抗不安薬です。

バスパーと同等の効果を持ち、うつ病・不安障害・睡眠障害などの精神的な症状の改善を期待できます。

睡眠薬としても使用できるため、「寝つきが悪い」「熟睡できない」という方にも効果的です。

バスピンは5mg・10mgがあるので、自分に合った容量を選べます。

バスピンを初めて使用する方は体質に合わせて服用しやすい、5mgからの服用がおすすめです。

バスピン
5mg 200錠/5,400円 1錠/27円
10㎎ 100錠/4,950円 1錠/49円

バスピンの通販はこちら

バスポン(Buspon)

バスポン(Buspon)

バスポンは不安や心配といった気持ちを落ち着かしてくれる抗不安薬です。

穏やかに効果が現れ、次第にリラックス効果が得られることから、睡眠薬としての服用もできます。

穏やかに効果た現れるため、体への負担が少なく安全性が高い医薬品です。

50錠から購入できるため、試し買いや短期的に服用したい方におすすめです。

バスパージェネリック(バスポン)
5mg 50錠/2,880円 1錠/57円
5mg 100錠/5,180円 1錠/51円

バスポンの通販はこちら

通販で購入する際の注意点

通販で購入する際の注意点

バスパージェネリックは個人輸入代行通販サイトで購入するのが一般的です。

ですが、「商品が届かない」、「偽物が届く」などの悪徳なサイトもまれにあります。悪徳サイトを避けるため、良いサイトの条件として基準となる3つの点を紹介します。

①通販サイトの住所・電話番号の記載があるか
②商品の価格が安すぎないか
③成分鑑定書があるか

①通販サイトの住所・電話番号の記載があることで、そのサイトが実際に存在するのかを確認できます。なにかトラブルや不安に思ったことなどを実際に電話で問い合わせることができるので安心です。

②商品の価格が安すぎると偽物であったり、偽物の可能性や商品の効能に問題があったりする場合があるため、値段が相場よりあまりにも低すぎる場合は良い通販サイトであるか疑うべきです。

③成分鑑定書があることで、実際に商品にどのような効能があるかが明確になるためとても安心です。また、使用方法などが書いてあるか、なども購入する決め手となるポイントです。

お薬なびがおススメ

お薬なび

お薬なびは信頼できるサイトとしての基準点を満たしている上、利用者も多い個人輸入代行サイトです。

薬をお得に購入できるのはもちろんですが、通販サイトの住所・電話番号の記載はもちろん、薬の成分をきちんと開示しています。

よくある質問やお知らせをサイトから確認することもでき、疑問に思ったことなどは24時間いつでも問い合わせることができます。
クレジットカード決済を選択できるのも、サイトが本物であると信頼できるポイントです。

バスパーの通販はこちら

※リンク先はバスパーのジェネリックです。

バスパーの効果

バスパーや、バスパーのジェネリック医薬品の主成分であるブスピンは、脳内伝達物質であるセロトニンを増やし、緊張感や不安感、憂鬱(ゆううつ)な気分を抑制します。

また、不安感を抑制することで心身をリラックスさせ、入眠障害などの不眠症の症状も緩和することが期待できます。

バスパーの不眠症への効果

バスパーはリラックスして、不安な気持ちを抑制する作用があるため、不眠症の改善が期待できます。眠る前に不安や心配事、悩みなどでいっぱいになってしまってなかなか眠れないという方に特に有効なお薬です。不安や緊張を抑え、リラックスして眠りにつく事ができます。

バスパーの不安障害への効果

不眠症の原因が、不安やうつ病である場合、睡眠薬ではあまり効果が得られない場合があります。

その場合、原因が不安や心配ごとでずっと考えこんでしまう、という場合に、ブスピンの効果で不安や心配を取り除き、心身ともにリラックスすることで質の良い睡眠を得ることができるのです。

バスパーのうつ病への効果

バスパーはセロトニン神経系の神経活動を刺激するため、不安障害以外にもうつ病にも効果があるとされています。不安や心配、憂鬱な気分を軽減させてくれる効果があり、セロトニン濃度を上昇させます。この事からやる気を促し、気持ちを明るくさせてくれます。副作用が少ないため、初期のうつ病、うつ状態の方には大変有効なお薬と言えます。

バスパーのあがり症への効果

バスパーは不安を解消する効果がありますので、あがり症にも効果的です。服用するだけで人前でも落ち着いた状態で話せるようになり、本来の実力を発揮できるようになるでしょう。不安障害や不眠症以外にもあがり症が気になる方は、バスパーの服用がおすすめです。

バスパーの副作用

バスパーは抗不安薬の中でも非常に安全性が高く、副作用は少ないお薬です。

発症率は低いですが、起こりうるとされている副作用は主に下記の通りになっています。

立ちくらみ
頭痛
めまい

日中にバスパーを服用する際は、車の運転や高所での作業、危険物の取り扱いなどは避けましょう。

バスパーの服用方法

バスパーの飲み方(服用方法)

不安や緊張、あがり症を緩和するために利用する場合は1日1~2回、1回につき1~3錠を、水やぬるま湯で服用して下さい。

睡眠薬として服用する場合、眠る前に1~3錠服用して下さい。

※1回の最大量は60mgまでです。

初めて服用する場合、少ない量から試しましょう。効果を感じられなければ少しずつ増量しますが、バスパーは比較的穏やかに効果があらわれてくるため、効果がないからとすぐに量を増やすのではなく、しばらく服用を続けて様子を見るようにしましょう。

バスパーの半減期(作用時間)

バスパーの半減期は、およそ6~7時間です。半減期とは、体内の薬の血中濃度が半分になるまでの時間です。半分になると薬の効果はほとんどなくなってしまうため、半減期と薬の作用時間はほぼイコールであるとされています。ですので半減期は効果の持続時間とほぼ同じと考えていいでしょう。バスパーを睡眠薬として利用する場合は、翌日へ持ち越し効果が残ることはほとんどなく、すっきりと目覚める事ができるでしょう。

バスパーの併用禁忌薬、飲み合わせに注意が必要な薬

バスパーは一緒に服用するのが禁止されているお薬があります。以下の薬とは併用できません。

  • バスパー以外の抗不安薬
  • MAO阻害薬
  • 睡眠薬(睡眠導入剤)
  • 発作薬
  • 鎮痛剤(鎮静剤)
  • 麻薬
  • 筋弛緩剤
  • 抗うつ剤
  • 躁うつ薬
  • 精神安定剤
  • 抗ヒスタミン剤
  • アレルギー薬
  • 喘息薬
  • 風邪薬
  • 上記のお薬と併用すると副作用が強く出てしまったり、健康被害の危険があるため注意が必要です。

    バスパーを服用できない方

    バスパーは以下の方は服用できません。

  • 成分にアレルギーのある方
  • 腎疾患の方
  • 肝疾患の方
  • パーキンソン病の方
  • 妊娠中・妊娠している可能性がある方
  • 授乳中の方
  • 乳幼児・小児
  • 高齢者の方
  • それ以外に、病気があって心配な方は服用する前に医師に相談するようにして下さい。

    バスパーが効かない?

    バスパーは睡眠薬としても抗不安薬としても大変有効なお薬ですが、中には効かないというケースもあるようです。

    薬にはどれが効くかは個人差がありますので一概には言えませんが、バスパーを服用してみても効果がなかったという方は、以下の点を確認してみましょう。

    不眠症の原因が精神的なものではない場合

    バスパーは睡眠薬として有効です。ですが本来は抗不安薬ですので、睡眠薬として利用する場合は、不安、緊張、悩みなど精神的な原因で不眠症となっている方に特に効果があります。

    逆に言うと、不眠症の原因が不安など以外が強い方の場合は、不眠症を改善することに特化した睡眠薬の方が効果を得られる場合もあります。ルネスタやソナタなどの睡眠薬はバスパーよりも一般的には催眠効果が強いとされていますので、バスパーで睡眠効果が得られなかった方は、ルネスタソナタなどを利用してみましょう。