ルネスタの副作用、依存・耐性、離脱症状、断薬方法、併用禁忌薬、OD(大量摂取)、服用が禁止されている方などを解説します。

TOP

更新日 2019-05-15

ルネスタを服用する前に知っておきたい副作用

ルネスタの副作用

ルネスタは主成分であるエスゾピクロンが気持ちを落ち着かせ、リラックス状態へと導くことで睡眠を促します。

安全性が高く、睡眠薬としてとても知名度の高い薬ですが、副作用が起きる危険性も少なからずあります。

このぺージでは、ルネスタの主な副作用と、副作用が起きてしまったときの対処方法を紹介します。

ルネスタの通販はこちら

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ルネスタの副作用

ルネスタで起きる主な副作用・副作用頻度として下記があります。

苦み(36.3%)
眠気(3.7%)
頭痛(2.2%)
口渇(1.8%)
めまい(1.2%)

では、起こる可能性が比較的高い上記3つの対処法を紹介します。

対処法

ルネスタの副作用

苦味の対処法

ルネスタを服用して感じる苦味は、ルネスタを服用した翌朝に感じられることが多いです。

起床時の歯磨きをしっかりとする、朝食を取ることで苦味は軽減するとされています。

また、ルネスタを服用するときに、口の中に触れないよう先に水を口に含み、上を向いてルネスタを服用することで錠剤が口内に触れることがなく苦味が起きにくいです。

眠気の対処法

ルネスタは作用時間が短いので翌日に持ち越しにくく、眠気を感じることは稀です。
ですが、もしルネスタを服用して日中の眠気やだるさを感じることがあった場合の対処法として下記2つがあります。

・ルネスタの量を減らす
・アルコールと一緒に服用しない

ルネスタの量が多いと効果も比例して大きくなります。自分に適した内容量を把握するためにも、最初は少ない容量から始めることがオススメです。

また、ルネスタとアルコールを併用すると、効果が大きくなりすぎてしまったり、アルコールの利尿作用により夜中トイレに起きてしまう、などといった覚醒に繋がってしまい質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。

頭痛の対処法

ルネスタを服用して稀に副作用として頭痛が起きた際の対処法として下記の2つがあります。

・ルネスタの量を減らす
・一時的に頭痛薬を服用する

ルネスタの量を減らすことで、ルネスタの副作用が起きる可能性も少なくなります。

また、ルネスタは睡眠薬ではめずらしく風邪薬や痛み止めと併用しても問題が無いとされています。
ですのでルネスタを服用して頭痛を発症するようであれば一時的に痛み止めで対処することもできますが、体への負担が大きいためあまりオススメできません。

ルネスタが原因で頭痛が何度も起きるようであれば、ルネスタの服用を中止し、他の睡眠薬へ変更することをおススメします。

こんな副作用にも注意

ルネスタを服用して稀に起きる可能性があるものや、ルネスタの副作用として噂されているものなどを紹介します。

太る?

ルネスタの副作用

結論から申し上げますと、ルネスタの成分の中に太る原因になるような成分は入っていません

ですが、ルネスタを服用すると太るという噂があったので調べてみました。

まず、ルネスタを服用すると太るという噂が立った原因として考えられることは3つ。

ルネスタ以外で睡眠薬や抗不安薬を併用している

この場合、ルネスタ以外で併用している薬に太る作用があるかもしれません。

新陳代謝が低くなっているかも

ルネスタにだけでなく、睡眠薬を服用することで稀ではありますが新陳代謝が低くなることがあります。

これにより、エネルギーを以前のように消化できなくなり、結果体重が増えるという可能性もなきにしもあらず。

ですが先述した通り可能性が低いため、ルネスタを服用して一概に新陳代謝が低くなるとは言えません。

ルネスタの苦味を消すため間食が増える

ルネスタの苦味を消すために、甘いものを食べたり、就寝前に間食をすることで太る要因になっているのかもしれません。



以上がルネスタが太ると言われている原因として考えられるものです。

あくまでも噂の理由を独自にルネスタの効果や副作用と照らし合わせて考えたものですので、一概に上記に当てはまるということではありません。

また、ルネスタで太る作用は確認されていません。

悪夢を見る

ルネスタの副作用

ルネスタを服用して悪夢を見るという副作用は多くの人に確認されています。

怖い夢を見る、または怖くはなくとも夢を鮮明に覚えている、などがあげられます。

これらの症状は、一般的にルネスタを服用して間もない頃に起きる初期症状の一つとしてあげられます。

ふわふわとした気分?

ルネスタの副作用

ルネスタは、脳を覚醒させている神経活動を一時的に抑えて眠気を促します。

そのため、ルネスタが作用すると、普段忙しく働いている脳がスリープモードに入り、その結果としてふわふわしたような感覚を感じる方もいます。

一過性前向性健忘症

ルネスタの副作用

滅多に起こることはありませんが、ルネスタを服用して稀に一過性前向性健忘症という副作用が起きる可能性があります。

「一過性前向性健忘症」とは、ルネスタを服用してから睡眠に入るまでの記憶が曖昧になってしまうというものです。

これは、記憶を司る海馬が関係ており、ルネスタの成分は脳を鎮静化させて眠りを促すため、この海馬の機能も一時的に低下してしまうことがあるのです。

一過性前向性健忘症を起こさないために、ルネスタは就寝前に服用するお酒と併用しない容量を守ることがとても大切です。

参考サイト:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ルネスタの依存性や断薬方法

ルネスタは服用方法・容量を守れば依存や耐性(薬の効果が薄れる)はほとんどないとされています。

ルネスタの離脱

ルネスタに限らず、睡眠薬は常用するものではなく一時的に服用し不眠症を改善するものです。

症状が軽くなってきたと感じた場合は薬の量を減らすことで完治が期待できます。

ルネスタを離脱する際の注意点として、急に薬の容量を少なしたり、服用をやめるのではなく少しずつ行うことが大切です。

断薬例

ルネスタ3mgを服用していたのであれば2mgに減量して1週間程度服用を続ける。

問題が無ければ次に1mgにして再度1週間程度様子を見る。

減量に成功したら、次は服用する感覚を少しずつ開けていきます。毎日服用していたなら2日に1回へ。

2日に1回に慣れてきたら3日に1度へ。

減量の際や間隔を開けて眠れなくなった際は、成功した一段階前に戻り1週間様子を見て再度チャレンジする。

少しずつですが、こうすることで体が徐々に減薬に慣れていきます。

断薬は薬の量や投与間隔を開けることが主ですが、規則正しい生活習慣や朝日を浴びることがとても大切です。

ルネスタの併用禁忌薬

デパス・マイスリー

デパス・マイスリーなどの中枢神経阻害薬をルネスタと併用してしまうと効果が強くなりすぎてしまう恐れがあります。

死に至るなどの重症な症状は出ませんが、服用する際には気を付けましょう。

ルネスタとCYP3A4阻害薬の併用

アゾール系抗菌薬、マクロライド系抗生物質、シメチジンなどのCYP3A4阻害薬も注意が必要です。

併用することでルネスタの作用を強め、依存や耐性が形成されてしまう事があります。

ルネスタとCYP3A4誘導薬の併用

結核に使用されるリファンピシンなどのCYP3A4誘導薬も注意が必要です。

併用してしまうと、ルネスタの成分が作用せず、体外に排出されてしまいます。

麻酔に使われる医薬品は呼吸抑制が起きてしまう危険があるため注意が必要です。

ルネスタと市販薬の併用

風邪薬や痛み止めなどの市販薬はほぼ問題がないとされています。ただし入眠作用があるものがありますので、効果が強くですぎてしまう場合があります。どうしても一緒に服用する場合は眠る直前に服用するようにしましょう。痛み止めなどもほぼ問題はないとされていますが、NSAIDsはルネスタ同様、消化器系の副作用が起こる事があるので、副作用が強まってしまう場合があります。副作用が強い場合は胃腸薬などを服用しましょう。

参考サイト:ルネスタについて(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

ルネスタの服用が禁止されている方

重症筋無力症の方
急性狭隅角緑内障の方
肺に疾患がある方
妊婦・授乳中の方
小児

上記の方はルネスタを服用することで健康被害があるためルネスタを服用できません。

また、上記以外でも何らかの持病があって不安という方は、一度医師に相談する事をおすすめします。

ルネスタと同等の効果を持つルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックはルネスタと同等の効果・成分がある睡眠薬です。
ルネスタと同じ効果を持ちつつ、価格が安いため、コストを抑えて不眠症を改善することができるためとても人気です。

また、ルネスタで起きる可能性があるとされている苦味やその他副作用も改良されています。

ルネスタジェネリックは、通販サイトを利用することでお得に購入することができます。

ハイプナイト

ルネスタ

ハイプナイトはルネスタ同様、主成分エスゾピクロンがGABA受容体の働きを促進し、心地よい眠りへと導きます。

服用後、30分~1時間ほどで効果を実感できます。
穏やかに作用し、副作用も少ないことから睡眠薬を初めて服用するという方にとても適しています。

価格比較

ルネスタとハイプナイト比較
商品名 ルネスタ ハイプナイト
有効成分 エスゾピクロン エスゾピクロン
価格 2,440円/50錠
(診察料別)
3,320円/50錠
作用時間 4-5時間 5時間

薬価のみですと、ルネスタの方が少し安いですが、診察料や病院に行く時間などを加味した上で通販での購入がオススメです。

ハイプナイトの通販はこちら