レクサプロの価格比較。服用期間の目安や個人輸入の注意点を紹介

TOP
  1. TOP
  2. レクサプロ

不安症状、うつ症状の改善に「レクサプロ」

レクサプロ

レクサプロは不安症状やうつ病の改善に定評があり、抗うつ剤・抗不安薬に分類される医薬品です。

幸せ成分と呼ばれる「セロトニン」を分泌することに特化しており、服用することでリラックス効果が得られます

このページでは、レクサプロの種類や価格、効果や服用期間の目安などを紹介しています。

レクサプロの通販はこちら

レクサプロの種類・価格

ここでは、通販で購入できるレクサプロジェネリックを紹介しています。

先発薬レクサプロ
先発薬レクサプロ

レクサプロは医療機関でも処方されている、安全性・信頼性の高い医薬品です。
服用することでリラックス効果が得られ、うつ病や不安障害、パニック障害などの精神的な症状の改善が期待できます。

約1ヵ月分:28錠/8,100円1錠/289円

レクサプロの通販はこちら

レクサプロ・ジェネリック
注目レクサプロ・ジェネリック

レクサプロ・ジェネリックは、レクサプロと同等の効果が期待できるジェネリック医薬品です。
先発薬に比べて大幅にコストダウンができ、金銭的負担が軽くなります。
用量は5mg・10mg・20mgとあるので自身に合った成分量の調整が可能です。

5mg:100錠/3,320円1錠/33円
10mg:100錠/3,800円1錠/38円
20mg:100錠/4,750円1錠/47円

レクサプロ・ジェネリックの通販はこちら

シタロプラム(レクサプロ)
シタロプラム(レクサプロ)

シタロプロムはレクサプロのジェネリックです。
用量は20mg・40gmから選択できます。

20mg:28錠/1,800円1錠/64円(約1ヵ月分)
40mg:28錠/2,700円1錠/96円(約1ヵ月分)

シタロプラムの通販はこちら

レクサプロをお得に購入する方法

レクサプロをお得に購入する方法をご存知でしょうか?
各通販サイトにはそれぞれキャンペーンやクーポンが発行されいることがあります。
ここでは、管理人がお得と感じた「お薬なび」を抜粋して紹介します。

お薬なび

初回限定500円OFFクーポン

お薬なびには「初回限定500円OFFクーポン」が発行されています。
会員登録することで今すぐ利用できるお得なクーポンです。

クーポンコード:Syokai500

クーポン+銀行振込」でさらにお得にレクサプロが購入できます。

銀行振込で5%OFF

お薬なびでは、カード払い・コンビニ決済・銀行振込の3種類の支払い方法があります。

その中でも、最もお得に商品を購入できる支払い方法が「銀行振込」です。

やり方は簡単。

支払い方法で「銀行振込」を選ぶだけです。
銀行振込を選ぶことで、商品代金から5%割引が適応されます。

さらに、ポイントも商品代金の5%が付与
「銀行振込」はポイントを効率よく貯めながら、商品を安く購入できる支払い方法です。

レクサプロの口コミ

レクサプロの口コミ

ここでは、実際にレクサプロを通販で購入した方の口コミを紹介します。

レクサプロの効果

レクサプロの効果

レクサプロは幸せ成分と呼ばれる「セロトニン」の働きを高めることで、不安や気分の落ち込みといった精神症状の改善が期待できます。

海外では多くの国で利用されている医薬品であり、日本でも医療機関で処方されている医薬品です。

そのため、高い安全性と信頼性があります。

あがり症などの軽度の精神症状からうつ病などの精神症状の改善が見込め、服用2~3週間程度で効果が現れてきます

レクサプロで改善できる症状

レクサプロは幅広い精神症状の改善が期待できます。
ここでは、レクサプロで改善できる症状を紹介します。

改善できる主な症状

・うつ症状
・不安症状
・強迫性障害
・生理前のイライラ(重度のPMS)

上記の他にも、パニック障害やストレス障害などの様々な精神症状の改善も期待できます。

症状が治まる期間の目安

レクサプロでの治療期間は一般的に3~6ヶ月と言われています。

服用開始から効果が現れるまで2~3週間ほどとされており、毎日服用することで効果が現れます。

症状が治まる期間の目安
治療期間の目安 3~6ヶ月(一般的な期間)
効果が出るまでの期間 服用開始から2~3週間後

症状が軽度であれば6ヶ月もかかることなく治療を終える場合もありますが、症状が重度の場合や過度なストレスがかかった状態では、6ヶ月以上かかることもあります

レクサプロの注意点

レクサプロを服用する際に、気をつけなければならない注意点を紹介します。
以下の症状はレクサプロの服用で起こる可能性のある主な症状です。

注意する主な症状

・胃腸障害:下痢・嘔吐
・心電図異常:QT延長症候群と言われる無症状な不整脈に繋がりやすい

心電図異常は注意喚起が出されているため、気を付けなければいけませんが、重度の症状になることは稀と言われています。

また、心電図異常はレクサプロのみだけではなく、医薬品全般に起こる可能性があるようです。

しかし、レクサプロは実際に注意喚起が出されているので、注意しておきましょう。

離脱症状が起こることはめったにない

レクサプロは抗不安薬・抗うつ剤の中でも、比較的に離脱症状が少ない薬です。

離脱症状が起こることは稀ですが、長期間服用している場合は注意しなければなりません。

レクサプロに体が慣れている可能性があるため、突然断薬したり、極端に薬の量を減らしてしまうと離脱症状が起こってしまうことがあります。

多くの場合、飲み忘れや自己判断による断薬が原因で離脱症状が起こっているようです。

そのため、飲み忘れを防ぐことやレクサプロを減薬する場合は徐々に減らしていくことが必要になります。

離脱症状

めまい、吐き気、耳鳴り、震え、しびれ